虫籠 Mushiko - Insect Backet

虫籠 Mushiko - Insect Backet

道中の侍 鈴虫や蛍などを飼っておく小さな竹製の籠。江戸初期に武士の内職のひとつとして始まったといわれる。とりわけ、良質な駿河竹を使った虫籠が東海道のおみやげとして人気があった。江戸では「虫売り」が屋台を引いて、鈴虫や松虫など様々な虫を呼び売りしていた。

A small bamboo cage used to house crickets or fireflies. Their construction started during the early Edo period as a side business for samurai. And grew into a famous folkcraft form with the use of bamboo from the Suruga area, renowned for its high quality.